梅雨に入ってから、私のアトピー性皮膚炎が急に悪化してしまいまして。
いつもの湿疹と、違う感じのものができたので、細菌やカビの感染が関係していないか心配になり、久しぶりに皮膚科を訪れました。

私は10代から20代の頃にステロイドを約10年使い、白内障になったり、薬もどんどん強い物を使わなくてはならなくなり、ステロイド治療には見切りをつけて思い切って薬をやめました。
大変なリバウンドがあって
辛い時期もありましたが、なんとか乗り切り、それ以来皮膚科には行かなくなりました。


なので、かなり久しぶりの皮膚科でした。

ネットで調べて、女医さんで、優しく丁寧な診療をしています!との広告で行ってみたのですが、、、

実際はかなり威圧的?
こちらの話しは聞いてくれないし、感染の心配をしていて検査をしたいと言っても、必要ない、と。
そして、最近の皮膚科学会のアトピー性皮膚炎ガイドラインについてまくしたてるように説明され、とにかくステロイドが必要なのよ!
と。
しかも、良くなってもプロアクティブ療法といって、ずっとステロイドを塗り続けて再発を予防するのが、今の皮膚科の主流らしくて。


それって、一生塗り続けろってことですよね?
昔は、できるだけ短期間の使用で、徐々にステロイドを減らすのが主流でしたが、今は違うんですね(´-`)

ずっと塗り続けて副作用が気になりますが、
医師は大丈夫と。

その大丈夫の根拠は?と突っ込みたい気持ちですが、、、、

このプロアクティブ療法とやら、皮膚科学会で推進されてからまだそれほど経過していないと思うのですが、10年後、20年後の患者の状態がかなり不安です。
まだ将来、どういう結果になるか誰もわからない治療法ですよね。


なのに、大丈夫!と言い切る医師も無責任な気もします。
もし健康ならばまだ余命30年くらいあるとして、その間、ずっとステロイドを塗り続けると考えただけで、私は不安です。
そんなわけで、私はやはり
自分の治癒力を信じて、ステロイドは使わずやっていこ!と改めて感じました。

皆、それぞれ状態も違い、アトピー治療も何が正しいかはわからないですが、なんでも医師の指示通りにしてしまうのは、考えもの。

自分でもよくよく調べて、勉強して、自分の身体は自分で守る、自分で治す、という意識も大切ではないかと思うのです。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM